診療報酬債権とファクタリングについて

subpage-img

医療保険には公的なものと民間のものの2種類があります。

朝日新聞デジタル

民間のものは保険会社などによるもので、その保険内容などは商品により異なるのが特徴です。また加入に関しても個人の意思に任せられています。

最新の自立支援給付費債権ファクタリングに関する情報が満載です。

一方の公的なものに関しては、保険内容は一律です。
また国民皆保険ですから、この世に生を受けた時から加入することが義務付けられています。
病院などで健康保険証を提示するのは、公的医療保険の被保険者であることを証明するためです。

そしてその証明によって治療にかかった費用に公的医療保険の補助が適用されます。つまり全額を支払う必要がなくなると言うことです。


公的医療保険の被保険者が支払わなかった料金部分は、医療機関では診療報酬債権と言う扱いがなされます。
診療が済んでいながら、その報酬が相手先の都合によって支払われていないため債権と言う扱いになると言う具合です。

この診療報酬債権は、医療機関が公的医療保険の保険者に請求をすることで然るべき金額が支払われます。


ファクタリングは、保険者に対して支払い請求がなされた診療報酬債権をファクタリング業者が買い取り、キャッシュを医療機関に支払うと言う仕組みのことです。どうしてファクタリングのような仕組みがあるのかと言うと、診療報酬債権の請求を行っても、実際にキャッシュが支払われるのはその2ヶ月後であるからです。



つまりキャッシュが手元に入ってくるまでには2ヶ月の期間が発生すると言うことです。

ですがファクタリングは速い場合には即日、どれだけ遅くても数日内にはキャッシュが支払われます。


よって医療機関にとっては待たずにキャッシュを確保できると言うメリットがあるため、ファクタリングのような仕組みがあります。

top